FBSの高評価と低評価の口コミまとめ

「FBSの高評価と低評価の口コミまとめ」のアイキャッチ画像

世界150か国に拠点を持ち2,300万人のトレーダーが利用しているとされる「FBS」。公式サイトには三井物産マーケッツ株式会社がサイトを所有していると記載があり、日本人向けのサービスも充実しているかの印象を受けます。

少し前までFBSは3,000倍のレバレッジ以外にも豪華なボーナスキャンペーンを提供していたこともあり、魅力の高いサイトだったのですが、2023年にサービス内容を一新。口座数が激減し、ボーナスがなくなりました。その一方でトレード環境を充実させつつある印象は受けるものの、以前のような勢いを感じなくなったことは非常に残念です。

今回はFBSの高評価口コミと低評価口コミにはどのようなものがあるのかを徹底調査。FBSに関する口コミ情報を知ることで、メリット・デメリットは何か、口座開設する意味があるかどうかを考えることができます。ぜひ自身の口座開設やトレードの参考にしてみてください。

FBSの高評価口コミ

FBSの高評価口コミには次のようなものがあります。

GOOD

・最大レバレッジ3,000倍でのトレードが可能
・取引透明性が高いNDD方式を採用
・取引プラットフォームはMT4・MT5に対応

最大レバレッジ3,000倍でのトレードが可能

FBS最大の魅力は最大3,000倍のレバレッジ。海外FX業者の中でも常時3,000倍を提供する数少ない海外FX業者のひとつです。数年前まで海外FXの平均レバレッジは400~500倍がスタンダードでしたが、現在は1,000倍を超すレバレッジを提供する海外FX業者が増えています。

最大レバレッジ3,000倍のFBSはその中でもトップクラスですが、実際のところ3,000倍のレバレッジをかけられるのは口座残高が20,000円未満の場合に限ります。口座残高が2万円を超えると2,000倍に、50万円を超えると500倍にまで制限がかかってしまいます。このようなレバレッジ制限を受けないために、こまめに出金することを心掛けましょう。

取引透明性が高いNDD方式を採用

FBSは取引方法がNDD方式を採択している海外FX業者です。NDD方式とは、トレーダーからの注文を直接インターバンクに流して取引を行う方法のため、ブローカーが間に仲介せず取引の透明性が保たれます。反対にDD方式を採択している海外FX業者の場合には、ブローカーが仲介する取引形態のため、注文を出さなかったり(反対注文)することがあり、希望のトレードを行うことができない場合があります。

NDD方式である分、スプレッドが少し広いという弱点がありますが、先ほど紹介した最大レバレッジ3,000倍のトレードの魅力には勝てないかもしれません。特に口コミにもあるように国内FXの最大レバレッジは25倍しかないので、スキャルピングトレードを実践するには、ハイレバレッジのFBSは欠かせない存在です。

取引プラットフォームはMT4・MT5に対応

海外FXの取引プラットフォームで最も使用されているのはMT4です。最近はMT4の後継プラットフォームとしてMT5も利用可能な海外FX業者は増えていますが、それでもMT4を利用できることは、多くのトレーダーの安心材料となっています。

MT4は無料の取引プラットフォームで、海外FX初心者から熟練トレーダーに至るまで誰もが満足のいく機能を備えたプラットフォームです。自動売買ができたり、豊富なインジケーターを利用したテクニカル分析が可能で、トレードの勝率を高めるためにはMT4は欠かせません。またMT5は機能面でMT4よりも乏しい部分がありますが、スピード感が魅力となっており、MT4の動作の遅さにイライラしている方はMT5の快適環境でFBSトレードを行ってみましょう。

ちなみに、MT4やMT5以外のプラットフォームや独自プラットフォーム作っている海外FX業者もあります。プラットフォームはトレードの利便性を高める重要なツールですので、まずはデモツールなどを活用して、使い勝手を把握するところから始めてみましょう。

FBSの低評価口コミ

FBSの低評価口コミには次のようなものがあります。

BAD

・他の業者に比べて通貨ペアが少ない
・最大レバレッジ3,000倍だがレバレッジ制限あり
・日本語サポートに難あり

他の業者に比べて通貨ペアが少ない

FBSの通貨ペアは2024年1月現在全部で37種類となっています。

通貨ペア

EURUSD,USDJPY,GBPUSD,USDCHF,AUDUSD,USDCAD,NZDUSD,AUDCAD,AUDCHF,AUDJPY,AUDNZD,CADCHF,CADJPY,CHFJPY,EURAUD,EURCAD,EURCHF,EURGBP,EURJPY,EURNZD,GBPAUD,GBPCAD,GBPCHF,GBPJPY,GBPNZD,NZDCAD,NZDCHF,NZDJPY,CNHJPY,EURCNH,EURTRY,USDBRL,USDCNH,USDMXN,USDSGD,USDTRY,USDZAR

この通貨ペア数は海外FX業者の中でも最大と言われるexnessが110種類以上となっているのから比べてみても非常に少ないため、トレードの選択幅が狭まることを危惧する方もいるようです。しかし海外FX初心者はUSDがらみのメジャー通貨の取引さえできれば、まずはOKですので、中上級の方以外にはあまり関係ないと言えるかもしれません。反対に中上級の方はマイナー通貨、エキゾチック通貨などにどのような通貨ペアがあるかを確認した上でトレードに臨むようにしましょう。

最大レバレッジ3,000倍だがレバレッジ制限あり

先ほど高評価で紹介したようにFBSの魅力は最大3,000倍のレバレッジにあります。しかし、3,000倍レバレッジはいつでも可能なわけではなく、口座残高によって制限がかかってしまいます。以下は口座残高におけるレバレッジ制限を表した表となります。3,000倍レバレッジでのトレードを楽しみたい場合は、常に口座残高を$200以下にしておくことが大事です。

FX通貨ペアにおけるレバレッジ制限

口座残高 レバレッジ
$0~$199 3,000倍
$200~$1,999 2,000倍
$2,000~$4,999 1,000倍
$5,000~$29,999 500倍
$30,000~$149,999 200倍
$150,000~ 100倍/50倍/25倍/10倍/5倍/1倍

日本語サポートに難あり

FBSは公式サイトを見てわかるように、日本語サポートが期待できない海外FX業者です。文章を読んでいてもよくわからないため「本当に口座開いていいの?」と疑問を感じてしまう人もいるかもしれません。もし、日本語サポートを積極的に利用したいのであれば、FBSはやめるべきです。FBS以外の海外FX業者で日本語サポートがしっかりしているところは多数ありますので、他を検討してみましょう。