AXIORYの高評価と低評価の口コミまとめ

「AXIORYの高評価と低評価の口コミまとめ」のアイキャッチ画像

2011年にAxiory Global Ltd.によって設立された海外FX業者「AXIORY」ベリーズ国際金融サービス委員会(FSC)の金融ライセンスを取得、世界最高水準のFXトレード環境を持ち、業界トップクラスと言われるスプレッドや最新テクノロジーを採用した高い約定力を誇ります。

これまでは最大レバレッジが400倍という平均以下のレバレッジだったAXIORYですが、2023年12月にマックス口座が誕生、その結果1,000倍の最大レバレッジでのトレードが可能になりました。

また、無料アプリMyAxioryがiOSおよびAndroid端末で利用可能。1つのアプリで口座開設から運用管理まで行えます。入出金も安全に行えて資金移動も即時反映可能です。

今回はAXIORYの高評価口コミと低評価口コミにはどのようなものがあるのかを徹底調査。AXIORYを利用する価値があるかどうかを見ていきたいと思います。ぜひ自身の口座開設やトレードの参考にしてみてください。

AXIORYの高評価口コミ

AXIORYの高評価口コミには次のようなものがあります。

GOOD

・海外FX最高水準の狭スプレッド
・資金管理は分別管理でなく信託保全
・cTraderが利用可能
・全FX通貨ペアのストップレベルゼロ
・日本語サポートが万全

海外FX最高水準の狭スプレッド

AXIORYのスプレッドは業界最狭とも言われるもので、スプレッド重視の方であればAXIORYを選んでおけば問題ありません。AXIORYのスプレッドは口座タイプによっても異なりますし、取引時間や市場の状況によってプライス変動が起こります。たとえば、スタンダード口座の場合には取引手数料が無料であるもののスプレッドは標準レベルに、ナノ/テラ口座の場合には、スプレッドは低いものの取引手数料が発生します。また、経済指標発表のタイミングや市場オープン時にはスプレッドが広くなります。

資金管理は分別管理でなく信託保全

AXIORYの資金管理は分別管理でなく信託保全です。分別管理がトレーダーの資産を海外FX業者の資産と区別して管理する資金管理手法です。分別管理の場合にはトレーダーの資産を第三者に委託せずFX業者自体が管理しているため、もしFX業者が倒産したら返金保証がありません。

一方で信託保全の場合には、第三者が資金管理を行うため倒産しても返金保証がある点が違います。つまりAXIORYは資金管理がより安全に行われる業者であるということがこのことからわかります。

cTraderが利用可能

現在AXIORYで利用可能な取引プラットフォームは「MT4」「MT5」「cTrader」の3つ。なかでもcTraderを利用できるのはかなりのポイントです。cTraderを利用できる海外FX業者はそれほど多くなく、スキャルピングトレーダーに最適なcTraderを利用したくてAXIORYを利用している人もいるのだとか。

全FX通貨ペアのストップレベルゼロ

AXIORYはストップレベルがゼロの海外FX業者。ストップレベルとは指値注文や逆指値注文を行う際、最低限離さなければならない価格差のことを指します。たとえば、ストップレベルが3pipsであれば、今の価格レートから3pips以上離れたレートでなければ注文できないこととなります。ストップレベルが高い場合、希望する注文ができないという問題が発生するため不都合が生じます。特にスキャルピングトレーダーのように希望の価格で注文できないと利益獲得が難しく死活問題となるトレーダーにとってストップレベルが広いのは致命的です。その点がAXIORYであれば問題になりません。

日本語サポートが万全

AXIORYの公式サイトを見てもわかるように、AXIORYは日本語サポートに長けている海外FX業者です。日本で展開している海外FX業者のすべてが日本語サポートに長けている訳でなく、単に日本語サイトを持っているだけのところもかなりあります。その点日本語サポートが充実しているAXIORYは何かトラブルがあった場合にも問題なく対応してくれることでしょう。サポートデスクは日本時間で月~金の9時から24時まで、チャットでのお問い合わせは月~金の9時30分から23時30分までとなっています。それ以外にもメールやお問い合わせフォームも用意されているので、海外FX初心者やAXIORYでのトレードが初めての方でも安心して利用できる点がメリットです。

AXIORYの低評価口コミ

AXIORYの低評価口コミには次のようなものがあります。

BAD

・口座開設の際にはJumioの登録が必要
・手数料が高い

口座開設の際にはJumioの登録が必要

AXIORYの口座開設の際には「Jumio」というID認証システムの登録が必要となり、少々面倒です。Jumioは自動的に免許証やパスポート情報が記載された画像等を認識して情報の正確性を確かめるためのシステムで、このJumioによる本人確認手続きがAxioryの口座開設の際には必ず必要となります。登録自体は簡単で、必要となる書類をJumioにネット上でアップロードすれば本人確認手続きは完了です。

Jumioによる本人確認手続きは2019年より義務付けられており、本人確認手続きで利用可能な身分証明書としては、パスポートや運転免許証、マイナンバーカード、在留カードがあります。最近は出金前にネット上で本人確認書類を提出するのが一般的ですが、Jumioを利用しなければならないのが手間に感じるかもしれません。

手数料が高い

AXIORYは手数料の高い海外FX業者だと言われています。

たとえば、ナノ/テラ口座の場合、通貨ペア一注文あたりの取引手数料は以下のようになっています。ナノ/テラ口座はスプレッドが低いこともあり、取引手数料が別途片道6ドル/1ロットあたりかかります。

取引注文数 通貨表記 取引手数料
0.01ロットの買い注文 1,000通貨 0.03ドル
0.1ロットの買い注文 10,000通貨 0.30ドル
0.5ロットの買い注文 50,000通貨 1.50ドル
1ロットの買い注文 100,000通貨 3.00ドル
10ロットの買い注文 1,000,000通貨 30.00ドル

ストップレベルが狭いうえで取引手数料を安く済ませたいという方におすすめなのが、他社になりますがXM TradingのKIWAMI極口座です。