exnessの高評価と低評価の口コミまとめ

「exnessの高評価と低評価の口コミまとめ」のアイキャッチ画像

2008年に設立され、セーシェルを拠点としているExness (SC) Ltdが運営している海外FX業者「exness」。なんといってもexnessの魅力は無制限レバレッジに他なりません。海外FXは国内FXと違い、ハイレバトレードが行える点が大きなポイントですが、無制限レバレッジを提供している海外FX業者は現在exnessのみです。

Exnessはボーナスキャンペーンを一切行っていません。ボーナスキャンペーンを行わない
海外FX業者の特徴はどこもトレード環境の整備に力を入れていること。ボーナスキャンペーンにかける費用を考えるとトレードに必要なサーバ環境や狭スプレッド対応などに力を注いだ方が、トレーダーをつなぎとめるのに最適だという判断によるものだと想定されます。

ちなみにexnessでは2023年9月に日本語の公式サイトが見られなくなっており、実際に言語選択メニューからは日本語へのリンクがなくなっているものの、現在はアフィリエイトサイトからであれば日本語サイトが見られる仕様となっています。現状は日本居住者からのexness口座開設はできないため、海外在住の方のみ口座開設可能です。

今回はexnessの高評価口コミと低評価口コミにはどのようなものがあるのかを徹底調査。exnessで口座開設するのが適切かどうかを見ていきたいと思います。ぜひ自身の口座開設やトレードの参考にしてみてください。

exnessの高評価口コミ

exnessの高評価口コミには次のようなものがあります。

GOOD

・人気の通貨ペアはスワップフリー
・レバレッジ無制限
・ポジションを保有していても資金移動や出金可能
・ロスカット水準(証拠金維持率)が0%

人気の通貨ペアはスワップフリー

exnessはスワップフリーの海外FX業者です。スワップフリーとは、ポジションを持ち越した際にコストが発生しない状態をいいます。スワップフリーであれば、マイナススワップを気にすることなくポジションを保持し続けられるため、長期ポジション保有が可能です。トレードの選択肢が増えるなどメリットがあるので、スワップフリー口座が利用できることは資金効率が高まることを意味します。

ただし一方で、スワップポイントが見込めないため、純粋トレードに自信がある方のみにメリットがあると言えます。

レバレッジ無制限

exnessはレバレッジ無制限の海外FX会社です。厳密には21億倍という倍率のレバレッジ制限はありますが、実質無制限です。現在exnessには「スタンダード口座」「スタンダードセント口座」「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」「ソーシャルスタンダード口座」「ソーシャルプロ口座」がありますが、「ソーシャルスタンダード口座」「ソーシャルプロ口座」以外は無制限レバレッジがかけられます。

ただし、exnessで無制限レバレッジを利用するためにはいくつかの条件があります。

条件

・リアル口座で最低10回の取引をする
・リアル口座で合計5ロットの取引をする

という制約がある点に注意しましょう。もし条件が満たされない場合には、最大レバレッジ無制限から2,000倍に制限がかかります。それでも2,000倍のレバレッジがかけられる点は他の海外FX業者と比べても突出しているので、レバレッジをかけたトレードに興味がある方はぜひexnessを利用してみるのがおすすめです。

ポジションを保有していても資金移動や出金可能

海外FX業者の中には、ポジションを保有している状態では資金移動や出金ができないところもありますが、exnessにおいては問題なく資金移動や出金が可能です。これにより、トレードの制約が大きく緩和されます。

ロスカット水準(証拠金維持率)が0%

exnessはロスカット水準が0%の海外FX業者です。これで無制限レバレッジトレードができるとなれば常にポジションを資金ギリギリまで保有可能でき、高い利益を出せるチャンスが他の海外FX業者に比べて多くあるのはかなり魅力でしょう。

他の海外FX業者の場合20~30%のロスカット水準が一般的となっていますので、ハイレバトレーダーはロスカット水準が低いexnessのような業者を選ぶのが勝利のコツです。

exnessの低評価口コミ

exnessの低評価口コミには次のようなものがあります。

BAD

・ レバレッジ制限に注意
・ 日本語サポートはない
・ ストップレベルが広め

レバレッジ制限に注意

https://twitter.com/creamen15/status/1672145422092230656

高評価の項目でexnessはレバレッジ無制限が非常に魅力的だとお伝えしましたが、一方でexnessは頻繁にレバレッジ制限がかけられてしまうことがあります。取引時間や経済指標発表のタイミングなどには200倍にレバレッジ制限がかけられてしまうことがあるため、ハイレバトレードがメインの方は、レバレッジ制限がかかるタイミングにはトレードを行わないことです。

日本語サポートはない

exnessは2023年9月に日本語公式サイトがクローズされてしまいました。そのため、現在は日本からの口座開設は出来ない状態となっています。これまでにも日本撤退をした過去があり、今回もまた戻ってくる可能性は無きにしも非ずですが、今後も日本語サポートは受けられないと思っておきましょう。

日本語サポートが充実している海外FX業者はXM TradingやFXGTなどが有名です。反対にFBSやHF Marketsなど日本語公式サイトに不安が感じられるFX業者は日本人スタッフの存在は怪しいとみて間違いありません。

ストップレベルが広め

exnessはストップレベルが広めの海外FX業者です。ストップレベルとは、指値注文や逆指値注文を行う際に、最低でも離さなければならない価格差を言いますが、exnessは他の海外FX業者より広いという指摘が多く口コミに挙げられています。ストップレベルが広くなると、利益が大きく得られなかったり損失が拡大してしまいます。ストップレベルが狭くて有名なのはAXIORYやTITANFXです。