Three Traderの高評価と低評価の口コミまとめ

「Three Traderの高評価と低評価の口コミまとめ」のアイキャッチ画像

バヌアツを拠点とするThreeTrader Global Limitedによって運用が行われている「Three Trader」。2021年5月に運営スタートをしたばかりのまだ歴史の浅い海外FX業者
です。2023年になってThree Traderの名前を見かける機会が増えましたが、XM TradingやAXIORYなどの有名海外FX業者と比べるとまだまだその比ではありません。

30日間の無料お試し口座があるので、気になる方は口座開設をしてみると良いかと思いますが、レバレッジは最大500倍、ポイントプログラムはありますが、ボーナスキャンペーンは2024年2月現在行われていませんので、魅力的かと言われると疑問符が付きます。ただし、新しいものが好きな方、何かを変えたい方は検討してみるのもありです。

今回はThree Traderの高評価口コミと低評価口コミにはどのようなものがあるのかを徹底調査。Three Traderを利用する価値があるかどうかを見ていきたいと思います。ぜひ自身の口座開設やトレードの参考にしてみてください。

Three Traderの高評価口コミ

Three Traderの高評価口コミには次のようなものがあります。

GOOD

・スプレッドが狭め
・全銘柄にてストップレベルがゼロ
・口座残高によるレバレッジ制限なし
・日本語のサポートが充実
・ポイントプログラムが魅力

スプレッドが狭め

Three Traderは狭スプレッドでのトレードが可能な海外FX業者。Rawゼロ口座はスプレッドが0pips~となっているなど、スプレッド重視の方にはおすすめです。海外FX業者の多くの売り文句に「業界有数の狭スプレッド」といった言葉があるのですが、昨今は大体どの業者も狭スプレッド口座を持っているので、実際のところこの狭スプレッドが他の海外FX業者との差別化要因となっているかというとこれだけではない事実もあります。ここにボーナスキャンペーンやトレード環境、決済手段の種類などいくつかの要因を伴って、この海外FX業者で口座開設するのがベスト、という判断をすることになります。

「スプレッドが狭い」は海外FXの常套句であることを知ったうえで、実際のスプレッドが現在どの程度の値なのかはチェックした上で口座開設を検討するようにしましょう。

全銘柄にてストップレベルがゼロ

ストップレベルとは、指値注文・逆指値注文を行う際、最低限離さなければならない価格差のことを言います。Three Traderでは、このストップレベルがゼロであるため、指値注文や逆指値注文が行いやすいといった特徴があります。とはいえ、ストップレベルがゼロだからいいかと言うと必ずしもそうではなく、ストップレベルがゼロということからスキャルピングトレードやEAが行いやすいというメリットがあり、サーバダウンの危険性が高くなります。その結果トレードに支障が出て利益を失ってしまう可能性がある点には注意が必要です。

口座残高によるレバレッジ制限なし

Three Traderでは口座残高によるレバレッジ制限はありません。Three Traderの最大レバレッジは500倍となっていますが、口座残高および取引量が増大したとしてもレバレッジ制限がかからないので、ハイレバトレードを行う方には環境変化が少なく安心です。

銘柄 最大レバレッジ
外国為替 500倍
貴金属 500倍
インデックス 100倍
仮想通貨 20倍

ただし、Three Traderは取引名柄によって最大レバレッジに違いがあります。その点は注意したうえでトレードを行うようにしましょう。

日本語のサポートが充実

Three Traderの公式サイトを見る限り、日本語対応・サポートはしっかりしているように感じます。オンラインによるサポートはメールによるお問い合わせ、ライブチャット(月曜から金曜の午前7時から午後8時まで)が利用可能です。それ以外にもお問い合わせフォームからの問い合わせができます。

ポイントプログラムが魅力

Three Traderには際立ったボーナスキャンペーンはありませんがポイントプログラムが行われています。iPhoneなど魅力的な商品との交換が可能ではあるものの、口コミでは現金化がお得という声もあります。いずれにせよ、豪華な賞品を貰うにはかなりポイントを貯める必要がありますので、一度口座開設を行ったらずっと使い続けるぐらいの覚悟は必要です。

Three Traderの低評価口コミ

Three Traderの低評価口コミには次のようなものがあります。

BAD

・運営実績が少ない
・取引プラットフォームはMT4のみでMT5使用不可

運営実績が少ない

最初にお伝えした通り、2021年に誕生したばかりのThree Traderには実績がほとんどありません。ましてや、ボーナスキャンペーンに力を入れているわけでもありませんし、最大レバレッジもわずか500倍と魅力あるものではありません。そのような背景もあり、口コミ情報もあまり多くありませんし、情報サイトも老舗の海外FX業者とは比べ物にならないほど少ないです。

確かに狭スプレッドであることは事実ですが、それ以外の突出した面が見られないため、これまで利用していた海外FXのままでいいやと思ってしまう人も多いのだとか。運用実績は時が経つにつれて付いてくるものなので、少なくても5年以上の運用実績を追った上で、心中してもよい海外FX業者なのかを判断してみるのもありです。

取引プラットフォームはMT4のみでMT5使用不可

Three Traderの取引プラットフォームはMT4のみとなっています。MT4はパソコンで利用できるもの、iPhone、iPad、iMac と Macbook ProなどのMac製品で動作するMT4があります。MT4はだいたいどの海外FXの取引プラットフォームとしても利用可能なものですが、MT5が利用できないのがマイナス点です。最近はMT5が多くの海外FX業者でも採択されるようになり、トレードの幅が広がっています。MT5は動作スピードがMT4に比べて早い点がポイントです。カスタムインジケーターは少ないものの、機能面の多くでMT4を上回っています。

Three Traderにも今後MT5が採択される可能性は高いものの、2024年2月現在では対応していない点を踏まえて、口座開設をすべきかどうか検討してみましょう。